スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ARMA2攻略 INDEX

ARMA2攻略 INDEX

091116_arma2_top.jpg

ARMA2攻略 Video Optionの設定
ARMA2攻略 チームコマンド

キャンペーン Harvest Red

キャンペーン#1 「First to Fight」
キャンペーン#2 「Into the Storm」
キャンペーン#3 「Amphibious Assault」
キャンペーン#4 「Harvest Red」 その1
キャンペーン#4 「Harvest Red」 その2
キャンペーン#5 「Razor Two」 その1
キャンペーン#5 「Razor Two」 その2
キャンペーン#5 「Razor Two」 その3
キャンペーン#6 「One Week Later」
キャンペーン#7 「Manhattan」 その1
キャンペーン#7 「Manhattan」 その2
キャンペーン#7 「Manhattan」 その3
キャンペーン#8 「Bitter Chill」 その1
キャンペーン#8 「Bitter Chill」 その2
キャンペーン#9 「Delaying the Bear」
キャンペーン#10 「Badlands」 その1
キャンペーン#10 「Badlands」 その2
キャンペーン#11 「Dogs Of War」 その1
キャンペーン#11 「Dogs Of War」 その2
キャンペーン#12 「War That Never Was」

キャンペーン EW

キャンペーン#1 「Eagle Wing」
キャンペーン#2 「End of the World」 その1
キャンペーン#2 「End of the World」 その2


キャラクター紹介

"Coops" Matthew Cooper

キャンペーン「Harvest Red」の主人公。後にRazorのチームリーダーに就任。チェルナルス語(ロシア語)を操り、現地住民とコンタクトできる。チームでは偵察・榴弾兵を担当。

ネイティブ・ニューヨーカーのクーパー曹長は、軍に入隊するために大学を中退した。彼は非常にタフで、メンタルヘルステストのスコアが示すように、常に冷静沈着な人物である。またカリスマ性があり、皆から慕われる。温厚で面倒見がよく、海兵隊員の中でも一目置かれる存在だ。


"8-Ball" Patrick Miles

Razorチームの隊長。序盤のミッションでは彼が指揮を取る。幾多の戦場を経験したベテランの兵士として、仲間からの信頼も厚い。

カリフォルニアの政治家と弁護士の家に生まれたマイルス曹長だが、彼はそのコネを利用するよりも軍に入隊することを選び、幹部候補生学校を修了した。レンジャー訓練と偵察学校で優れた成績を残し、イラクで偵察小隊の指揮官を務めた後、アフガニスタンで第5強襲偵察大隊に配属されている。彼は2008年にRazorの隊長に就任した。


"Scarlet" Brian O'Hara

衛生兵。プレイヤーが負傷すると助けに来てくれたり来てくれなかったり。チームの中では比較的若く経験も浅いが、数少ない常識人。

サンフランシスコ生まれのオハラは、彼の他の兄弟と同じく海軍に入隊した。海兵隊で医療の訓練を受けた後、2007年には野戦衛生兵として強襲偵察部隊に加わり、Razorの衛生兵を務めている。「海兵隊のはみ出し者」の中に半ば強引に配属されたにも関わらず、彼は最も若いメンバーとしてチームによく馴染んでいる。しかしながら彼の血筋に反して、攻撃性や注意力は高くない。


"Robo" Chad Rodriguez

火力支援担当のマシンガンナー。口が汚く血の気が多い単純な性格。いつも不平ばかり言っているが、たぶん根はいいやつ。

幼少時に孤児となったロドリゲスは、典型的な軍の荒くれ者である。高校の出席日数が足りずに落第しかけるような男だったが、彼の放漫な態度は海兵隊で「矯正」されることになる。その後はイラクとアフガニスタンの戦いで鍛えられ、第27海兵遠征隊の屈強な兵士として尊敬を得た。


"Ice Cold" Randolph Sykes

分隊狙撃手。プレイヤーが直接操作することで、彼の狙撃銃を有効活用できる。状況をいち早く察知するなど冷静で有能な男だが、協調性にやや難あり。

テキサス出身のランディ・サイクスは多くの通り名を持つが、仲間の間では特に危機的状況における「アイス・コールド」の名前で知られている。生まれながらのスナイパーである彼は、Razorチーム専属の偵察狙撃兵である。彼が50口径ライフルで2300m先の敵を狙撃したという噂が新兵達の間で囁かれているが、真実は定かではない。


Capt. Shaftoe
大尉。通信のコールサインは「Swordsman」。第27MEUにおける地上軍の指揮を担当し、Razorチームに指示を与える人物。人使いの荒さで恐れられている。

Gen. Armstrong
第27MEU(海兵隊遠征軍)の司令官。揚陸艦Khe Sanhに座乗し、基本的に直接指揮をとることはない。

Capt. Dressler
MCIA(海兵隊情報部)の情報将校。チェルナルスでは現地のCDF情報部と連携して諜報活動を行っている。捜査中のRazorに情報を提供する。

Sgt. Simmons
Razorと同じForce Recon "Saber"チームの隊長。捕らえられたRazorチームを救出するなど活躍するが、Manhattanでスペツナズの攻撃を受け死亡。

Ltn. Marny
CDFの中尉。情報将校でゲリラ組織とも繋がりがあり、幅広い情報網を持っている。内心は大国の干渉を快く思っておらず、CDFの士官にありがちな高圧的な人物。

Maj. Begnov
CDFの少佐。登場するCDF将校の中では最も高位なので、おそらくCDFの軍司令官。コールサインは「Don」。

Maj. R.A.Stavovich
CDFの情報将校。コールサインは「Turk」。米軍との連絡係でもある。

Dr. Sova
Krasnostavに住む若い(?)医師。Pusta村でChedakiに捕らわれていたところをRazorに救出されるが、後に共産主義派の住民に襲撃され死亡。

Valentina
Pusta村で虐待されていた所をRazorに救出された若い女性。以後はFyodor神父の下でゲリラを支援していたと思われるが、同じくChDKZを支持する住民に殺害される。

Fyodor
Gorkaの教会の神父。NAPAを支援して武器を隠している。住民を導く人格者だが、その裏の顔は過激派のPrizrakだった。

Little John
本名不明。NAPAの戦闘部隊の指揮官。

Prizrak
内戦勃発時にNAPAに現れ、強力なリーダーシップで組織の重要人物となる。しかし拷問・処刑を繰り返す戦争狂(Warlord)であり、暴力による支配を主張する。NAPAとCDFの同盟には強硬に反対している。

Michal
Novy Soborに住むNAPAの隠れレジスタンス。仲間と4人でいることが多く、度々Razorに協力してくれる。Soborを奪還した後は地域の復興を主導しているようだ。

Lopotev
別名"Akura"。政治結社ChDKZの創始者であり、Chedakiのボス。青ジャージの男。チェルナルスに内戦を引き起こし、さらにモスクワ爆破事件を偽装してロシアの介入を画策する。Razorの隊長Milesを殺害。

Bardak
ChDKZの幹部。"Sotnya"と呼ばれる秘密警察を操り、虐殺など多数の戦争犯罪を指導している。

Nikitin
CDFの将校だが裏でChDKZと内通しており、Razorに捕らえられたLopotevを逃がす。その後は北部でChedaki軍の司令官を務めていた。

Karelin
ロシア軍特殊部隊「スペツナズ」の男。Lopotevと共謀してロシアをチェルナルスに介入するように仕向け、真相を暴こうとするRazorを妨害する。ManhattanでSaberチームを全滅させ、Simmonsを殺害。


組織・勢力

USMC 27th MEU(第27海兵隊遠征軍)

チェルナルスはUSEUCOM(アメリカ欧州軍)の管轄区に当たる。チェルナルス政府の要請を受け、NATO平和維持軍としてアメリカ海兵隊が派遣された。第27MEUは世界中の紛争地帯に素早く展開するための作戦ユニットであり、強襲揚陸艦Khe Sanhを母艦とし、小規模ながら独立した軍単位として活動できる能力を備えている。また、Force Recon(強行偵察部隊)などの特殊部隊を擁する。彼らの任務はChDKZの脅威を排除しチェルナルスの情勢を安定させることである。


CDF(チェルナルス防衛軍)

チェルナルスの正規軍。ソビエト連邦の消滅によって民主化したチェルナルスだが、共産時代の官僚主義が根強く残っており、軍隊の士気は低く、国民からも半ば見放されている。ChDKZの武装蜂起によって壊滅寸前にまで追い込まれた。ソ連時代の兵器を現在も運用しているが、小国の軍隊ゆえに装備は貧弱。


NAPA(National Party 国民党ゲリラ)

NAPAは不明な点が多い組織だが、国粋主義者の過激派ゲリラグループとして知られ、国際的に指名手配されている。しかしその実態は、チェルナルスの市民達がChDKZに抵抗するために結成したレジスタンス組織である。戦力としては正規軍に比べるべくもないが、地下に張り巡らされた彼らのネットワークは大きな脅威と見なされている。


ChDKZ(チェルナルス赤化運動)

ChDKZはAndrey Lopotevによって設立された政治結社である。主にロシア系の移民から支持され急速に勢力を拡大し、ついにクーデターによって国土の大半を支配する。ChDKZの武装勢力は現地語で "Chedaki"と呼ばれ、その目的はチェルナルスの共産化、およびロシア連邦への再編入とされている。また、住民の虐殺など多数の戦争犯罪を引き起こしている。


Russia(ロシア連邦軍)

ロシアは少なくとも表面上はチェルナルスに対する領土的野心を見せていなかったが、モスクワの「赤の広場」爆破事件をNAPAによる犯行と見なし、以後はアメリカ軍に代わって介入を始める。彼らは逆にChDKZを支援し、一度はアメリカ軍によって追い詰めたChedakiの勢力を回復させる結果に至る。ただし国際世論に配慮し、直接的な侵略行為には及んでいない。


Copyright © 2009 Bohemia Interactive. All Rights Reserved.

コメントの投稿

Secre

MENU
ARCHIVE
LINK
STEAM
AMAZON
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。